論文コラム一覧

疾患別 概論・完治の理論と根拠

アトピー性皮膚炎の概要
アトピー性皮膚炎の根本治療法 令和元年7月12日更新

気管支喘息の概要
気管支喘息の革命的根本治療法 平成16年5月6日更新

アレルギー性鼻炎・結膜炎(花粉症)の概要
アレルギー性鼻炎・結膜炎(花粉症)の革命的根本治療法 平成16年12月9日更新

関節リウマチの概要
関節リウマチの革命的根本治療法 平成29年2月16日更新

潰瘍性大腸炎 完治の理論と根拠 平成21年5月26日更新

クローン病 完治の理論と根拠 平成21年6月22日更新

リウマチ性多発筋痛症・線維筋痛症 平成22年5月11日

尋常性乾癬 完治の理論と根拠 平成20年11月15日

メニエール病 完治の理論と根拠

シェーグレン症候群 完治の理論と根拠 平成21年8月10日更新

間質性肺炎

慢性腎炎

生理痛・子宮内膜症 完治の理論と根拠 平成22年5月18日更新

ニキビ

編集中のコラム

題名最終更新日
オプジーボの副作用で癌が新たに発生することはない 令和2年2月8日
筋萎縮性側索硬化症(ALS)の原因はヘルペスである 令和2年2月4日
オプジーボの膨大な副作用のすべてはどうして起こるのか?令和2年2月2日
オプジーボの副作用について
〜オプジーボが一番効くガンであるメラノーマやメラニン細胞について〜
令和1年11月20日
なぜオプジーボに副作用が生まれるのか?簡潔バージョン令和1年11月15日
オプジーボの副作用について
(PD-1に対するオプジーボ療法はステロイド療法と同じです。)
令和1年10月23日
TARCについて~白血球とDNA~平成31年2月8日
ケモカインについて平成31年2月5日
抗体構造について平成30年9月6日

なぜ自己免疫疾患はないのか?

題名最終更新日
なぜ自己免疫疾患がないのか?partⅠ令和2年2月18日
なぜ自己免疫疾患がないのか?partⅡ平成23年10月26日
なぜ自己免疫疾患がないのか?partⅢ
(注:EBVのコラムから抜粋し追加しました!)
平成31年4月12日
なぜ自己免疫疾患がないのか?part.4平成31年5月30日
自己免疫疾患は、自己免疫疾患という概念(パラダイム)はどのような間違いを起こして考案されたか?令和2年2月5日

潰瘍性大腸炎とクローン病についてのコラム

題名最終更新日
なぜクローン病と潰瘍性大腸炎は膠原病の中で最も治りやすいのか? part.1平成25年3月28日
なぜクローン病と潰瘍性大腸炎は膠原病の中で最も治りやすいのか?part.2平成31年2月5日
発芽玄米食がなぜCD(クローン病)やUC(潰瘍性大腸炎)の患者さんの免疫を上げるのか平成27年12月31日

なぜ漢方と鍼灸は免疫を上げるのか?

題名最終更新日
漢方はなぜ免疫を上げるのか? partⅠ平成26年4月10日
漢方はなぜ免疫を上げるのか? partⅡ平成27年12月1日
鍼灸はなぜ免疫をあげるのか?平成26年4月10日
中国漢方史
(注:漢方はなぜ免疫を上げるのか partⅠのコラムから抜粋し追加しました!)
平成29年4月5日

ヘルペスウイルスに関するコラム

題名最終更新日
ヘルペスについて平成20年5月15日
萎縮性側索硬化症(ALS)の原因はヘルペスである 令和2年2月4日
アルツハイマーの原因は単純ヘルペス1型である令和1年10 月13日
SAPHO症候群の原因もヘルペスである平成29年3月9日
自律神経失調症はヘルペス性神経炎である平成28年11月6日
緑内障について平成28年11月6日
脳の全ての病気の原因はヘルペスとミクログリアとの戦いである平成31年5月7日
副腎皮質ホルモンとヘルペスの関係平成31年4月26日
バセドウ病の原因がEBウイルスだという鳥取大学の論文について平成31年3月22日
なぜヘルペスウイルスはアシクロビルに対する耐性を持ちにくいのか平成31年2月15日
なぜアシクロビルが世界一超安全な薬であるか?
〜なぜアシクロビルに耐性なヘルペスウイルスが生まれないのか?〜
平成29年7月13日
《学術論文紹介》アルツハイマー病の原因PartⅠ平成31年2月5日
《学術論文紹介》アルツハイマー病の原因PartⅡ平成31年2月5日
慢性活動性EBウイルス感染症で死亡した人気声優について平成29年2月16日
加齢性黄斑変性症の原因はサイトメガロウイルスである平成29年2月2日
片頭痛や習慣性頭痛の原因について平成28年12月8日
EBV(エプシュタイン・バール・ウイルス)について平成28年6月9日
加齢性黄斑変性症について平成28年4月5日
なぜヘルペスウイルスは殺しにくいのか?
(なぜヘルペスウイルスに対してワクチンを打つ意味がないのか)
平成28年3月25日
口唇ヘルペス(単純ヘルペス)の小冊子
(東京女子医科大学 川島眞教授著)についての松本先生の解説
平成26年8月21日
急性中耳炎や慢性中耳炎の痛みはヘルペスである平成26年4月24日
真珠腫性中耳炎とは何か?どのようにして生じるのか?平成26年5月1日
最高の抗ヘルペス剤であったソリブジンと
ソリブジン薬害事件について
平成25年11月14日
人間の免疫によってウイルス(特にヘルペスウイルス)は
どのようにして殺されるのか
平成24年8月9日

ステロイドの副作用に関するコラム

題名最終更新日
なぜマイケル・ジャクソンの肌は白くなったのか平成28年11月6日
なぜアトピーの治療でステロイドを長期に用いると
皮膚が黒人のように黒くなったり、白くなったりするのか?
平成28年11月6日
ステロイドが、どのように細胞に入り込み、遺伝子の発現を狂わせるのか平成28年11月9日
転写因子について平成28年11月6日
DNAについて平成28年11月9日
ビタミンAについて平成28年11月6日
五炭糖について平成28年11月6日
ステロイドによって制御される遺伝子について平成28年11月6日
ステロイドの影響について(臓器別)平成28年11月6日
ステロイド性白内障について平成28年11月9日

これまでのコラム

題名最終更新日
補体について平成29年2月2日
なぜアトピーの治療でステロイドを長期に用いると、
皮膚が黒くなったり、白くなったりするのか?
ステロイドの過剰投与による眼の副作用 緑内障・白内障
平成29年1月23日
老化現象の5つの説について平成28年11月9日
発熱のメカニズム平成28年6月24日
Ⅰ型糖尿病の原因について平成28年6月18日
エピジェネティックについて平成28年6月16日
交感神経と免疫について平成28年4月15日
間質性肺炎と肺胞の再生について平成28年3月25日
CRPとは何か平成28年3月25日
薬疹はアトピーである平成26年4月17日
なぜ女性ホルモンやプラセンタは免疫を抑えるのか平成26年2月20日
STAP細胞について平成26年1月30日
なぜ一度傷ついた糸球体が修復されにくいのか?平成25年9月26日
癌と中国医学の免疫療法平成25年8月15日
iPS作製、初期化の逆戻りのニュースについて平成25年8月8日
腎炎(糸球体腎炎)は膠原病であり、クラススイッチと免疫寛容で治る。平成25年6月27日
経口免疫寛容について平成25年6月6日
ブドウ膜炎と視覚について平成25年5月30日
ユダヤ人はなぜ遺伝的に頭が良いのか平成25年2月14日
iPSに見られる新しいタンパク質の発見について平成25年1月17日
なぜインフルエンザワクチンは必要でないのか
〜それどころか重篤な副作用が問題となる〜
平成25年1月10日
インフルエンザワクチンが必要でない理由と
その副作用について
平成25年1月10日
甲状腺機能低下症(橋本病)について平成24年9月6日
膠原病とは何か?平成24年9月6日
クラススイッチをさせるIL-4はどの細胞が一番最初に作るのか?平成24年5月30日
ジェロン社(米)がES細胞の臨床試験から撤退する記事に対するコメント平成23年12月12日
何故リウマチになると貧血が起こるのか?平成23年5月12日
免疫を抑えてはいけない理由 それは病気を作るからである平成20年8月26日
リバウンド時に、アミノ酸や蛋白を特別に大量に摂取しなければならない理由平成20年8月14日
必要な薬は 抗生物質と抗ヘルペス剤と
ワクチン(インフルエンザワクチンを除く)だけである
平成20年8月14日
現代の治せない病気とされている病気についての教科書は全て間違っている平成20年8月14日
胸腺の仕事は自己と非自己を区別できるTリンパ球を教育する場所ではなくて
単純にTリンパ球の分化成熟の場所に過ぎない
平成20年8月14日
膠原病とアレルギーは同じ病気である平成20年8月14日
膠原病こそ過敏反応だ平成20年8月14日
医学には東洋医学も西洋医学もなく、病気を治せる医学が真実の医学である平成20年8月3日
なぜ怖い病気はないのか平成20年7月21日
病気とは何か?病気の原因は何なのか?
病気が治るということはどういうことなのか?
平成20年1月1日

投稿日:2019年12月10日 更新日:

執筆者: