コラム 新型コロナウイルス

新新型コロナウイルスのワクチンは絶対に作れない 2020.1.1

投稿日:

〜メモリーキラーT細胞について〜

 現代の新型ワクチンは「抗体ができるか、できないか」という話で尽きていますが、実は免疫が抗体を作るメカニズムと、免疫のキラーT細胞が細胞に感染したウイルスを殺すメカニズムとは全く違うのです。残念なことに、現代の免疫学では、その違いについては誰も気づいていないのです。ただ実験的ににしかその事実は気づかれていないのです。ただ抗体ができた時に、ウイルスが感染した細胞がそのウイルスのペプチドとMHCⅠとを結びつけて、細胞の表面に提示したときはADCCというメカニズムによってT細胞の1つでありますが、特定の異物を認識できない自然免疫の属するNK細胞(ナチュラルキラー細胞)はウイルスもろとも細胞を殺すことはできるのです。

 それではなぜキラーT細胞はADCCの働きがないのでしょうか?それはキラーT細胞は、IgG抗体のFcに結びつくFcレセプター(FcγR)を持っていないからです。したがって、コロナのワクチンができても、細胞にコロナが感染してしまうと、高等免疫であるキラーT細胞はADCCに参画できないので、直接コロナもろとも細胞を殺す以外にないのです。もう少し、記憶(メモリー)キラーT細胞について詳しく勉強しておきましょう。

 完全な記憶キラーT細胞の形成には、抗原刺激の強度が一番重要であります。新型コロナウイルスの遺伝子情報で作られたタンパクは、不活化されたり弱毒化されたコロナウイルス自身のウイルス体そのもので作られたワクチンと比べて、抗原性の度合いに極めて大きな違いがあります。なぜならば、遺伝子情報ワクチンとウイルス体そのものによって作られたワクチンは、樹状細胞や大食細胞のtoll like receptorを活性化するのに大きな違いがあるからです。最も危険で、かつ最も効果的なワクチンは生きたウイルスそのものが感染した時に作られるメモリーキラー細胞なのです。もちろん死ぬ人もいるかもしれませんが。アッハッハ!

 コロナウイルスに感染した細胞の抗原を認識し、排除する免疫細胞をキラーT細胞ですが、キラーT細胞は、ウイルスの感染によりウイルスの抗原に感作されると、エフェクターキラーT細胞へと分化し、ウイルス感染の初期生体防御において中心的な役割を果たします。しかしウイルスは排除後、大部分のエフェクターキラーT細胞は炎症を終息させると死滅しますが、その一部は「記憶キラーT細胞」に分化して長期間生存し、再度同じウイルス抗原に出会うと迅速で効率的な二次免疫応答を誘導します。このような効率的な免疫応答を誘導する仕組みは「免疫記憶」であり、まさにワクチン療法はこの機構を利用しているのです。さらに記憶キラーT細胞は3種類があり、1つ目の、血液循環型である記憶キラーT細胞であり、T細胞活性化の主な場であるリンパ節への遊走能を持つセントラル記憶キラーT細胞(central memory T cell、略してTcm)と、2つ目が血液循環型ではありますが、リンパ節への遊走能を持たずに末梢組織を循環するエフェクター記憶キラーT細胞(effecter memory T cell、略してTem)は、体内の異なる部位を循環することで異物の侵入を絶えず監視しています。3つ目が、非循環型の記憶キラーT細胞は組織潜在型記憶キラーT細胞(resident memory T cell、略してTrm)で、粘膜組織の上皮や皮膚に局在し、再感染時に感染部位での迅速な免疫応答を誘導するのです。

 果たしてAIDSやエボラ出血熱ウイルスやインフルエンザウイルスの遺伝子が組み込まれた新新型コロナウイルスに対してRNAワクチンやmRNAワクチンが作れるでしょうか?絶対に無理です。

 例えば効果的なAIDSのワクチンを作るためには、メモリーキラーT細胞をワクチンに作らせなければなりません。したがって、他のウイルスや病原体に対して作られてきた不活化ワクチンはAIDSのウイルスに対しては全く役に立たなかったので、AIDS発症以来、AIDSウイルスに対する従来の弱毒化ワクチンや不活化ワクチンが、メモリーCTL(記憶キラーT細胞)を生み出すことができなかったのです。その失敗の理由の一つは、AIDSのウイルスはレトロウイルスであるので、極めて高頻度な変異を行うので、絶対にAIDSのワクチンは作ることができないからです。AIDSウイルスの高頻度の変異率がそのようなメモリーCTL(記憶キラーT細胞)を生み出すことを不可能にしています。

 HIVに感染した患者は、単にAIDSウイルスを持っているのみならず、少し遺伝子が異なった非常に多くの種類のHIVを体内に保持しているのです。したがって、このようなHIVの人が別の人にHIVを感染させると、この人は単に1種類の遺伝子を持ったAIDSウイルスに感染したわけではなく、違った種類のAIDSのウイルスの一団に感染していることになります。したがって、AIDSウイルスのワクチンを作るために使われる、ある1種類のHIVウイルスに対して感染を防いでくれるワクチンによってメモリーT細胞が生み出されたとしても、実際に感染を起こしている様々な変異型のHIVに感染してしまっているので1種類のワクチンだけでは無意味なのです。AIDSウイルスが実際に急速に変異してしまう能力を持ち続ける限りは、効果的なAIDSウイルスのワクチンを作るのに最大の障壁になってしまうので、永遠にワクチンを作ることはできません。

 今回のSARS-CoV2は、アメリカの大統領トランプが自信を持って武漢のウイルス研究所で作ったのを故意に漏らしたとか、撒き散らしたかの如く吹聴しているのは、最も遺伝子工学が進んでいるアメリカが中国に対してAIDSとエボラ出血熱とインフルエンザウイルスの3種類の遺伝子を組み込んでバラまいたのです。なぜならば仮に中国が作ったとしても、誰が自国にばらまくことをするでしょうか?

 いずれにしろCOVID-19コロナウイルスは、様々な種類の遺伝子から成り立っているので、単一のワクチンだけでは全く意味がないのです。地球誕生以来、世界で初めての人工ウイルスであるSARS-CoV2に対するワクチンを作ることはAIDSウイルスのワクチンを作る以上になお一層難しいどころか、永遠に作ることは不可能なのです。

 免疫を高める大量の生薬が入った「清肺排毒湯」を大量に飲んで、自分の免疫を高めて殺す以外に治しようがないのです。しかも元来、上で述べたように、ウイルスに直接かかって免疫をつけるという最高の危険なワクチン療法でも、免疫記憶細胞を作ることができないので、永遠に感染が起こる限りは地球上から新型コロナウイルスを退治することはできないのです。感染をまず防ぐためには、効きもしない、しかもどんな副作用が出現するかわからないmRNAワクチンはお金の無駄であり、かつ危険であり、かつ効かないので、やるべきではありません。

中国のように、感染したらすぐに漢方煎じ薬の「清肺排毒湯」をたっぷり服用して、コロナを殺し、患者自身が感染源にならない方法しかないのです。欧米文明国は中国に頭を下げて、どうして感染が増えなく、かつ死者が全く増えないのはなぜかについて学びにいくべきです。アメリカは2021年はおそらく感染者が3000万人以上に増えるでしょう。死者数は感染者の2%が平均ですから、3000万×0.02=60万人近くになっているでしょう。欧米はコロナのワクチン頼みですから、そのワクチンが効かないどころか副作用で死者も出る可能性がありますから、2021年は地球は地獄の第一歩を踏み出すことになるでしょう。ただし、中国はますます発展していくでしょうが。

 今なお、世界中で毎年100万人も殺しているマラリアや毎年300万人も亡くなっている結核に対しても、数十年以上に渡るこれらの病気に対するワクチン作りの努力も今なお成果を結んでいません。さらに、地球上の全人類の75億人が感染しているヘルペスウイルスに対してさえワクチンができていないのです。一般大衆はすべてのウイルスに対してワクチンができると信じ込まされていますが、ワクチンができないウイルスはいくらでもいるのです。

-コラム, 新型コロナウイルス
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

CRPとは何か

 今日は、膠原病の病気の患者さんがご存知であるCRPも、実は補体と関わりがあるのでCRPの話から始めましょう。ご存知のようにCRPは、炎症の度合いを示すものですね。ところが炎症というのは一体何であるか …

no image

現代の治せない病気とされているアレルギーや膠原病についての教科書は全て間違っている

アレルギーや膠原病は全て治る 現在のように犬も歩けば棒に当たるではなくて、医院に当たるという意思過剰な時代おいては、体に少しでも異常があれば必ず医療に頼ります。しかも国民皆保険であるうえに、高額医療は …

no image

mRNAワクチンはなぜ作れないのか?Part 2更新2021.2.7

抗体のクラススイッチと体細胞超突然変異が起こらないからです。IgMがどのようにしてIgGにクラススイッチするのか?体細胞超突然変異はどのようにして起こるのか? 「mRNAワクチンは絶対にできない。絶対 …

no image

iPS作製、初期化の逆戻りのニュースについて

iPS作製、初期化の逆戻りが壁に 京大・山中教授ら発表2013年06月25日 京都新聞  iPS(人工多能性幹)細胞の効率的な作製のためには、初期化を逆戻りさせるメカニズムを排除することが重要なことを …

no image

自己免疫疾患はない part.4 2019.5.30更新

今日は、相も変わらず、世界中の医学者たちは、自己免疫疾患はフェイクな病気であるので、実際ないのですが、自己免疫疾患という病名だけが幽霊のように世界の医学界を飛び回っているだけです。何故ならば、自分を攻 …