アトピー性皮膚炎 症例報告

アトピー性皮膚炎完治の症例報告Part19(コメントなし)更新2023.10.6

投稿日:2023年8月2日 更新日:

症例報告76例目

完治された病名1)ニキビ2)アトピー性皮膚炎

患者:30歳、女性

この患者さんは10代の頃に出てきたニキビが20代になってもニキビが治らず、おかしいと思い洗顔や化粧品を色々試してみたり、ビタミン剤を飲んだりされましたが全く治らず、最終的に皮膚科へ行くことにされました。そして引っ越しを機に友人から皮膚科を紹介されたのが松本漢方クリニックだったのです。

漢方煎じ薬や漢方塗り薬など処方して飲み続けてもらうと、以前とは比べ物にならないほどニキビが治って綺麗な肌になりました。また、鼻炎が酷く、他院の耳鼻科で治療されていましたが、鼻水は体の中に入ってしまったウイルスや細菌を体外へ排除するためなのでそのまま出しきってしまった方がいいと指示したところ、今では風邪を引いた時に多少出るだけで、ほとんど症状が出なくなりました。リバウンドによりアトピーが出てきましたが、これも漢方煎じ薬と漢方塗り薬、抗ヘルペス剤で良くなりました。

仕事のストレスと他院の耳鼻科で免疫を抑える薬を飲み続けていたため、完治に5年1ヶ月と時間がかかりましたが、完全に完治されたため当院には全く来なくなったのが患者さんが元気な証拠と言えるでしょう!アハハ!

症例報告77例目

完治された病名1)ニキビ2)生理痛

患者:31歳、女性

仕事のストレスや日常のストレスが溜まって大人になってから顔にニキビが出てくるようになった患者さんです。顔に、特に口の周りにニキビがたくさん出てきたので女性の患者さんにとってとても苦痛なことでした。

松本漢方クリニックを知ったきっかけはご友人からの紹介でした。漢方煎じ薬を飲んで良くなったりリバウンドで悪くなったりを繰り返しながら徐々にブツブツが減っていきました。生理痛も薬で良くなっていきました。また免疫が上がったので風邪も引きにくくなったそうです。今ではストレスをかけ過ぎてまたニキビが出てきた時と以前ほど頻繁にかからなくなりました。

 

症例報告78例目

完治された病名1)アトピー性皮膚炎2)花粉症3)頭痛4)虚弱体質

患者:42歳、女性

この患者さんが松本漢方クリニックを来院されたのは2001年8月でした。

顔だけブツブツや湿疹の様なものが出来て赤く腫れ上がりました。特に春頃の紫外線がキツイ時にブツブツと湿疹が酷くなりましたが、痛みや痒みはなかったそうです。

20代前半から花粉症(スギ)が起こり、それから毎年その時期になると耳鼻科に行って飲み薬と点鼻薬、点眼剤などを使用しておられました。肌の方も敏感でニキビ、吹き出物がひどくなり、膿んできたりしました。患者さんはあちこちの皮膚科に通いましたが年齢を重ねるごとにマシになってきたためそのまま皮膚科へ通うこともなくなりました。

ところが1999年春頃から、4、5、6月頃の紫外線のきつくなる時期に顔が赤くなり、小さな赤い発疹が出る様になりました。近くの皮膚科に行くと「化粧品があわない」とか、「食生活の問題」とか、「合成洗剤のせい」とか言われて飲み薬と塗り薬をもらいました。その年は夏頃になると完全ではないが症状もマシになり、病院に通うのをしばらくして止めました。

翌年の2000年、花粉症がスギだけでなくヒノキもあると言われ、スギがひどくなる前に注射も定期的に受けておりました。花粉症の症状がつらく、少しでも症状が楽になるならと花粉症に効くという市販の薬もお茶も飲まれました。
また4月頃、顔も去年同様赤くなってきて赤いブツブツが出だしました。去年と同じ皮膚科に行き、同じような治療を受けると去年よりも症状が悪化してしまいなかなか改善されませんでした。症状も長引き、秋になっても顔の赤みが残っていました。

2001年の春、例年のごとく花粉症になり、顔も再び赤くひどくなってきました。前回と同じ耳鼻科と皮膚科に行かれましたが、もう完治するとは思えず、また顔の症状は一体何が原因でどういう治療がいいのか患者さんは分からなくなりました。皮膚科でもらう飲み薬や塗り薬を使用しても一向に治る気配はなく、日に日にひどくなる一方で外に出て人に会うのも億劫になりました。知人にアトピーの専門医がいる病院を紹介されるも患者さんの症状はアトピーでないからと断られたそうです。

もうどうしたらいいのか患者さんが悩んでいる時、別の知人から松本漢方クリニックを教えてもらいました。その方のお姉さんがアトピーで松本漢方クリニックで治療を受けていたからです。患者さんは以前のようにアトピーではないと診察拒否をされるのを不安に思いパソコンで当院のホームページを見てみました。当院のホームページにはアトピーやアレルギーだけでなく関節リウマチや潰瘍性大腸炎やクローン等の自己免疫疾患などの原因と治療法をかなり詳しく詳しく書かれてある理論を掲載しており、また松本漢方クリニック患者会のサイトには今まで当院で治療して完治された患者さんの闘病手記が掲載されています。しかし患者さんは私が書いた理論はかなり専門的なので読むのに苦労され、また患者さんと似た症状の人はいなかったので花粉症だけでも改善されればと思い、高槻まで来られました。

患者さんの顔の症状は今まで飲み続けていた花粉症の薬によるリバウンドの症状でした。
これまで使用していた化粧水、乳液などを一切止めてもらい、2種類の漢方煎じ薬と2種類の塗り薬、消毒液を処方しました。仕事中は化粧をされていましたが帰ったら直ぐに化粧を落として洗顔し、塗り薬を塗っていました。漢方も食前3回と間のすきま時間にも飲める時は飲んでおられました。

2週間続けてもらうとまだ顔の赤みは取れませんが、顔のデコボコが少しマシになってきました。それからも毎日漢方煎じ薬と塗り薬を続けてもらいました。徐々にですが顔の赤味も薄くなってきて、デコボコしていた肌が平らになっていきました。また肌だけではなく、胃腸も弱くよく胃痛を起こして胃薬を飲んでおられましたが、漢方を飲み始めてから胃痛が全くと言っていいほど起こらなくなりました。偏頭痛もよく起こっていたのですが、あまり出なくなりました。

翌年2002年の3月頃、スギ花粉の季節になりました。20年以上も花粉の時期になると毎年耳鼻科に行って薬を飲んでおられましたが、当院の治療を受けてからは全く飲まなくても耐えられるようになりました。スギ花粉症が全盛の時はつらくて何度も市販の薬を買って飲もうかと思われましたが「つらくても、薬は飲んではいけない。」と励まし、我慢してもいました。そして一口も花粉所の薬を飲まずに過ごすことに成功されました。
すると花粉症と平行して紫外線のきつい頃に顔が赤く腫れ上がっていたのが、花粉症の薬を全く飲まなかったおかげで1年間、顔に症状が出てきませんでした。それどころか日に日に肌がきれいになっていきました。

同年10月頃、最初の状態からかなり改善されていました。まだ赤い湿疹が残っていたので漢方薬の種類を2種類から3種類に変えて集中的に治していきました。
そして2003年の春、20年以上も続いていた花粉症が全くと言っていいほど起こらなくなりました。毎年悩まされていたのに、です。紫外線に当たっても顔は湿疹もなく、赤ら顔も治ってきました。仕事以外はいつもノーメイクにされています。身体の調子も良くなり、毎年夏には食欲もなくなって夏バテされていたのも改善されてあまり食べなくて体重が減っても夏バテを全く起こさず元気に過ごせたそうです。風邪も引かなくなりました。それから2年ほど通院し無事に完治されてから当院を卒業されました。

 

症例報告79例目

完治された病名1)アトピー性皮膚炎2)乳児湿疹

患者:1歳、男の子

生後2ヶ月頃から乳児湿疹が悪化していきました。両親ともにアトピーではなかったので乳児湿疹ならそのうち治ると思い、そのままにしていました。しかし日を追うごとに一向に良くならずますます悪化していき痒くて一日中泣き続け、夜も眠れなくなってしまいました。母親は助産師に相談し母乳育児だったこともあって母親が卵やお肉などを控えてみてことにしました。しばらくすると湿疹が良くなりましたがまたしばらくすると元に戻り、その都度、他の原因を探しては除去食をされていました。

数週間が過ぎ良くならなかったので皮膚科を受診されました。皮膚科の医師には乳児湿疹は一過性のものである可能性が高く、1歳頃には完治することが多いと言われ、塗り薬にワセリンを処方され極力塗らないようにして治療していくことになりました。除去食をしても意味がないと医師には言われましたが、症状が悪化することを恐れた母親は除去食を続けていました。しかし症状は良くならず息子の痒がって夜も眠れない姿や除去食をしていってとうとう食べるものが無くなって母親はストレスと栄養不足で今までないほど痩せて心身ともに限界を迎えていました。

このままではいけないと思い立った母親は以前に聞いて記憶の片隅あった松本漢方クリニックのことを思い出し、その話をしてくれた知人に連絡して料金やどんな治療で私がどんな医師か詳細に教えてもらったそうです。そして教えてもらったことをご主人にも説明し、松本漢方クリニックに通う事になりました。

長時間待合室で待っている時にはいろんな治療中の患者から声をかけてもらったり、お話を聞いたり、また知人の酷い状態から綺麗に完治するまでの写真付き闘病手記を読むことができ、私がいつものように「絶対、治してあげるからね。」と握手をするとご家族は勇気づけられ「うちの子も、きっと治る。」とそう思う事が出来たそうなのです。

それからは処方した消毒液と漢方風呂と漢方塗り薬を使って1日中子供さんの肌の手入れをする日々が続きました。顔を清潔にするために1日何回も消毒して、その後お湯でふき取り、煮出した漢方の液をパッティングし、夜は漢方薬を煮出したお風呂に入れていました。痒がるたびに漢方薬の塗り薬を何度も何度も塗り続けてもらいました。

すぐに湿疹は良くなりませんでしたが、消毒をすると止まらなかったジュクジュクしたリンパ液は出なくなりました。またブタの油や漢方だけで天然のものしか使っていないので何度も漢方塗り薬を塗ってもらっても大丈夫だと説明を受けたことで、とても気持ちが楽になった母親は、たくさんたくさん塗り薬を塗ってやりました。すぐに塗り薬が乾いてくるので何度も塗って上げると1週間で塗り薬が1つ無くなってしまいました。また漢方塗り薬を塗ると子供さんはうっとりと気持ち良さそうにしていたそうです。今までは「また湿疹が出たら、どうしよう。」と気弱になっていた母親は「出たら、漢方のお風呂に入ればいい、赤いお薬をつければいい!」と思えるようになり気が楽になったのです。

松本漢方クリニックに通い始めて4ヶ月が過ぎ、子供さんはとても綺麗な肌になりました。時々、何かに反応してはブツブツが出てきましたが、漢方塗り薬を塗ると2~3日で治りました。当院の治療を続けたことで免疫が上がって治りが早くなったのです。そして、さらに2ヶ月が過ぎると、もうアトピーだったことがわからないくらい跡形もなく、ツルツルお肌になりました。今までできなかったほっぺにすりすりをたくさんされました。可愛い写真も一杯撮ったそうです。また円形脱毛ができていた娘さんの頭も漢方塗り薬を塗ってあげると脱毛がなくなったそうです。虫刺されやそれを掻いた痕にも漢方塗り薬を塗ってあげたりといろんなときにも漢方塗り薬を塗ってあげてました。今では完治され、治療を終了しました。

-アトピー性皮膚炎, 症例報告
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

関節リウマチ完治の症例報告Part10(コメントなし)更新2023.2.21

症例報告35例目 完治された病名1)関節リウマチ 患者:63歳、女性 患者さんが初期症状を起こしたのは38~39歳の頃、右手中指の付け根が腫れ第2関節が少し曲がってきました。少し期間をおき次は右手中指 …

no image

潰瘍性大腸炎やクローン病完治の症例報告Part83(コメントなし)更新2023.5.12

症例報告201例目 完治された病名1)潰瘍性大腸炎 患者:父親55歳、娘23歳 親子で松本漢方クリニックに受診され、完治された方々です。 父親が40歳の時、潰瘍性大腸炎を発症しました。会社での長時間労 …

no image

潰瘍性大腸炎、クローン病完治の症例報告Part24-②(コメントあり)更新2022.5.17

前回の続きとなります。まだ読まれていない方は「潰瘍性大腸炎、クローン病完治の症例報告Part24-①(コメントあり)」を読んで下さい。 私が繰り返し述べているように、アレルギーと膠原病は同じ敵を相手に …

no image

実名希望の徳弘徳子さん完治症例報告更新2021.11.19

病名:1)herpes性リウマチ性多発筋痛、2)ヘルペス性ブドウ膜炎、3)ヘルペス性メニエール病、4)ヘルペス性黄斑変性症、5)アトピー性皮膚炎、6)ヘルペス性皮膚炎、7)SLE、8)全身倦怠感、9) …

no image

潰瘍性大腸炎、クローン病完治の症例報告Part9(コメントなし)更新2022.3.4

症例報告24例目 完治された病名1)潰瘍性大腸炎2)アトピー性皮膚炎 患者:42歳、男性 当時20代半ば頃、仕事の関係で17年ほど海外生活を送っていた中、血便と疲労感が出てくるようになりました。10年 …