コラム なぜシリーズ 新型コロナウイルス 疾患解説 高血圧

なぜ高血圧の人がSARS-CoV-2に感染しやすいと言われたのでしょうか?更新2021.4.3

投稿日:

 SARS-CoV-2は、脂質二重層と糖タンパク質からなるエンベロープ(外膜)でウイルスゲノムRNAが囲まれています。SARS-CoV-2はエンベロープに存在するSpikeタンパク質(Sタンパク質)が人の細胞膜の受容体(ACE2受容体)に結合したあと、細胞への侵入を開始します。Sタンパク質はFurin(フーリン)と言われるヒト細胞由来のプロテアーゼ(タンパク質分解酵素)によりS1とS2に切断された後、S1が受容体であるACE2受容体に結合し、もう一方の断片S2はヒト細胞表面のセリンプロテアーゼであるTMPRSS2 (Trans-membrane protease, serine 2、訳してII型膜貫通型セリンプロテアーゼ)で切断され、その結果、膜融合が生じます。SARS-CoV-2の気道感染にはこのACE2とTMPRSS2が気道細胞には必須なのです。新型コロナウイルスはヒトが持っているプロテアーゼの1つであるフーリン(Furin)というタンパク質分解酵素が切断する配列がSARS-CoV-2のスパイクタンパク質にも存在しており、このウイルスが持っているFurinの作用による切断によってACE2へ、より強く結合し、感染が拡大することが分かったのです。ちなみにウイルスが認識して結合する受容体はウイルスによって異なり、例えばインフルエンザウイルスでは上気道や下気道細胞表面のシアル酸糖鎖という分子が、さらにHIVではヘルパーTリンパ球(CD4Th)のCD4というタンパク質がウイルスが結びつく受容体として機能しているのです。

ヘルペスウイルスは何十種類ものスパイクを持っているので、このスパイクを利用して人のあらゆる種類の細胞に感染することができるので不明な病気の原因となっているのですが、世界中の医学者は誰も認めません。残念です。

-コラム, なぜシリーズ, 新型コロナウイルス, 疾患解説, 高血圧

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

気管支喘息とは?

そもそも気管支喘息とは何なのでしょう?それは言うまでも無く大気に運ばれた天然の、あるいは人工の大量の化学物質が気管支に侵入した時に、それを咳で排除しようとし、さらに気管支粘膜を収縮させて大気汚染物質を …

no image

オプジーボが一番効くガンであるメラノーマとメラニン細胞について 2019.11.21更新

副作用発現状況(全体集計) 集計期間:2014/07/04~2020/1/5_小野薬品工業株式会社 オプジーボ投与による華々しい副作用の一つ一つについて詳しく書くつもりでしたが、実はオプジーボが一番効 …

no image

交感神経と免疫について

〜交感神経が免疫を抑制する理由〜  ステロイドホルモンがなぜ免疫を抑えるのかということは、皆さん既にご存知でしょう。しかしながらなぜ交感神経が刺激されると免疫が抑制されるのかの機序については誰も説明し …

no image

アレルギーの全てに関わるケモカインであるTARCについて 2019.2.8更新

今日は、アレルギーの全てに関わっているケモカインであるTARCの意味やその働きについて詳しく説明しましょう。TARCは、“thymus and activation-regulated chemoki …

no image

オプジーボについて_その1 2018.12.13更新

まず、ノーベル賞を受賞された本庶佑先生がおっしゃられていたように、オプジーボは免疫の働きを利用した全く新しいタイプの抗ガン剤であり、かつガン治療薬において細菌病原体に絶滅させた嚆矢となったペニシリンと …