コラム

漢方煎じ薬で松本医学を確立するまでの経緯 2018.10.26更新

投稿日:

私は20年以上も右の強度な偏頭痛をはじめ、朝の起床時に倦怠感が強い上に頭が朦朧として起床不能だったり、毎日12時間以上は就寝しなければ朝が起きられない、勉強し始めると耐え難い眠気に襲われて勉学に集中不能、常に表現不可能な不愉快さ、右腕右手の痺れ感、さらに常に死を願望しながら生きるうつ病状態などの精神障害や意識障害に悩み続けてきました。自分の病気を誰も診断できなかったので、自分で病名を知り自分で治すために3つ目の大学である京都府立医大に入り直しました。そこでも誰も私の病名を診断することができなかったのです。

37歳で結婚したのですが、妻の父親が中国漢方の大家であり、その無料で大量に飲まされた漢方煎じ薬で、半年ほどで上に述べたような症状がどんどん消えていき、勉学に励むことができるほどに良くなりました。その後、本格的に初めて漢方医学と免疫学を独学で勉強し、機会あって開業し、免疫を抑えるステロイドをはじめ、痛み止め、解熱剤などの全ての免疫抑制剤を使わない治療を30年以上やることによって、あらゆる病気を治せる世界で唯一の医学である松本医学を確立したのであります。現代の病気の原因は、免疫寛容で共存できる化学物質であり、予防投与で共存できるヘルペスウイルスしかないということを発見したのです。

私の病気も実はヘルペス性脳炎であり、ヘルペス性網膜炎であり、ヘルペス性自律神経障害であり、ヘルペス性知覚神経炎だったのです。今もなお、大量(4〜5倍量)の漢方煎じ薬と抗ヘルペス剤を毎日飲み、日本で一番元気な73歳の医者として病気を治すために現役で働いています。今私は、聖路加病院の名誉院長であった最近103歳で亡くなられた日野原重明先生に勝る104歳まで現役で、自分の免疫でしか病気は治せないという治療で世界中の全ての病気を治すために頑張ろうと思っています。アッハッハ!

-コラム

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

レチノイン酸と腸管の免疫寛容について 2018.11.8更新

レチノイン酸はビタミンAの代謝産物であり、このレチノイン酸が腸管の樹状細胞から作り出され、Bリンパ球からIgAの産生を促進します。さらにレチノイン酸が腸管にいる形質B細胞にIgAを分泌させたあと、他の …

no image

なぜアトピーの治療でステロイドを長期に用いると、 皮膚が黒人のように黒くなったり、白くなったりするのか?

 以前、“マイケルジャクソンがなぜ白人になったか”というテーマで、ステロイドを塗り続けたり飲み続けたりすると、メラニン産生細胞自身が作られなくなってしまうことで白斑症になると書きましたが、ステロイドに …

no image

真珠腫性中耳炎とは何か?どのようにして生じるのか?

 真珠腫性中耳炎は中耳真珠腫ともいわれます。ときには偽性コレステリン腫ともいいます。英語でotitis media cholesteatomaといいます。  コレステリンとはなんでしょうか?コレステロ …

no image

クラススイッチをさせるIL-4はどの細胞が一番最初に作るのか?

 どのようにしてIgGを作るのに必要なIL-2やIFN-γやTNF-αなどのサイトカインを作られ、かつIgEを作るのに必要なIL-4が作られるかを説明しておきましょう。難しい話ですがついてきてください …

no image

免疫グロブリン(immuno globlin)とは何か? 2018.11.1更新

まず、何のために免疫は抗体を5種類も作ったと思いますか?抗体は細菌やウイルスを殺す特異的なIgGだけで十分ではないかと思いませんか?残念ながら生命が生き続けるためには敵を殺すだけでは生き延びることはで …