コラム

漢方煎じ薬について 2018.9.20更新

投稿日:

 人類発祥以来、気づかずに使われてきた免疫をあげる唯一の薬はなんだと思いますか?漢方の煎じ薬だったのです。植物が光エネルギーと水と二酸化炭素で3大栄養素を作ってきたのは、何も私たちに食料を与えるために施しをしてくれたわけではありません。彼らが作り上げた3大栄養素は、あくまで自分たちが永遠に繁栄するためであって、人間のためではなかったのです。植物がウイルスや細菌やカビや害虫から自分の身を守るために作ってきた本当の薬は、中国人の祖先が何万年も前から盗み取ってきたのです。米や麦が人間の最高の主食になることを示す栄養学も知らずに経験的に人類が利用してきたのと同じように、漢方薬の煎じ薬を中国人は薬の原理も知らずして、自分たちの身を守るために利用してきたのです。

 にもかかわらず、日本の漢方学会は漢方薬が免疫を上げる唯一の真実の病気を治す薬であることも知らずに、免疫を抑える薬しか作れない製薬メーカーの薬と併用するという愚かな行為を繰り返しています。私がいま診察し続けている、某大学病院で診断された多発性骨髄腫の患者さんも、今なおλ鎖やκ鎖の値は高く、IgG抗体も3000(正常値は1700まで)を超え続けていますが、ピンピン生き続けています。これも中国人が発見し開発した、本当に免疫を上げ続けることができる漢方煎じ薬を飲み続けているからだと思います。

 言っておきますがツムラのエキス剤ではないですよ、アッハッハ!免疫を上げれば上げるほど、病気は早く治り苦しみが減ります。ツムラの加工された漢方は、中国3000年の歴史で作られた煎じ薬と比べて、まるで薄い漢方の成分しか入っていないので、本物の漢方ではないと言っても過言ではないのです。ツムラの漢方も全て煎じ薬のまま出すべきですよね。残念です。

-コラム

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

免疫細胞が炎症巣に出ていくためには? 201811.8更新

肝臓の細胞で蓄えられているレチノール(ビタミンA)は、胆汁酸によって小腸に運ばれ、小腸の壁(粘膜固有層)の中にいる樹状細胞(樹枝状細胞)がレチノイン酸を作るのに必要な原料となるのです。もう一度復習して …

no image

アレルギーの全てに関わるケモカインであるTARCについて 2019.2.8更新

今日は、アレルギーの全てに関わっているケモカインであるTARCの意味やその働きについて詳しく説明しましょう。TARCは、“thymus and activation-regulated chemoki …

no image

なぜCOVID-19(新新型コロナウイルス)に対するワクチンができないのか 2020.6.4更新

まずワクチンの目的はなんでしょうか?未来において、病気を起こすウイルスや細菌が侵入した時に、それらの病原体に対して、液性免疫である抗体を作ってくれる記憶B細胞を作ったり、細胞に侵入するウイルスや細菌を …

no image

iPS作製、初期化の逆戻りのニュースについて

iPS作製、初期化の逆戻りが壁に 京大・山中教授ら発表2013年06月25日 京都新聞  iPS(人工多能性幹)細胞の効率的な作製のためには、初期化を逆戻りさせるメカニズムを排除することが重要なことを …

no image

核酸とToll様受容体/Toll like receptor(TLR)の仕事について 2019.1.10 更新

前回は、ヘルペスウイルスが人体の免疫系の裏をかくための4つの機序をまとめましたが、それだけでは十分理解できないと思いますので、今日はヘルペスウイルスがどのようにして人間の免疫を逃れるのか、もっと詳しく …