コラム

漢方煎じ薬について 2018.9.20更新

投稿日:

 人類発祥以来、気づかずに使われてきた免疫をあげる唯一の薬はなんだと思いますか?漢方の煎じ薬だったのです。植物が光エネルギーと水と二酸化炭素で3大栄養素を作ってきたのは、何も私たちに食料を与えるために施しをしてくれたわけではありません。彼らが作り上げた3大栄養素は、あくまで自分たちが永遠に繁栄するためであって、人間のためではなかったのです。植物がウイルスや細菌やカビや害虫から自分の身を守るために作ってきた本当の薬は、中国人の祖先が何万年も前から盗み取ってきたのです。米や麦が人間の最高の主食になることを示す栄養学も知らずに経験的に人類が利用してきたのと同じように、漢方薬の煎じ薬を中国人は薬の原理も知らずして、自分たちの身を守るために利用してきたのです。

 にもかかわらず、日本の漢方学会は漢方薬が免疫を上げる唯一の真実の病気を治す薬であることも知らずに、免疫を抑える薬しか作れない製薬メーカーの薬と併用するという愚かな行為を繰り返しています。私がいま診察し続けている、某大学病院で診断された多発性骨髄腫の患者さんも、今なおλ鎖やκ鎖の値は高く、IgG抗体も3000(正常値は1700まで)を超え続けていますが、ピンピン生き続けています。これも中国人が発見し開発した、本当に免疫を上げ続けることができる漢方煎じ薬を飲み続けているからだと思います。

 言っておきますがツムラのエキス剤ではないですよ、アッハッハ!免疫を上げれば上げるほど、病気は早く治り苦しみが減ります。ツムラの加工された漢方は、中国3000年の歴史で作られた煎じ薬と比べて、まるで薄い漢方の成分しか入っていないので、本物の漢方ではないと言っても過言ではないのです。ツムラの漢方も全て煎じ薬のまま出すべきですよね。残念です。

-コラム

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

POMCとMHCとメラノサイトとオプジーボとの関係 2019.2.21更新

なぜメラノコルチンの話をしたのかお分かりになりますか?それはオプジーボが最もよく効くガンがメラノーマであるからです。抗ガン剤であるオプジーボを研究している人から、たまたま「なぜオプジーボがメラノーマに …

no image

統合失調症はどうして起こるのでしょうか?Part2更新2023.5.28

まだPart1をお読みなっておられない方はここを読んで下さい! 恐怖情動の神経回路 大脳辺縁系のうち海馬は主に記憶に関与し、扁桃体は情動に関わると大きく分けられますが、記憶のうちでも情動と強く関連した …

no image

新新型コロナウイルスのワクチンは絶対に作れない 2020.1.1

〜メモリーキラーT細胞について〜  現代の新型ワクチンは「抗体ができるか、できないか」という話で尽きていますが、実は免疫が抗体を作るメカニズムと、免疫のキラーT細胞が細胞に感染したウイルスを殺すメカニ …

no image

オプジーボについて_その2 2018.12.21更新

私のこの論文のテーマの一つである「オプジーボはなぜ取り返しがつかない副作用を起こすのか」を理解するために、絶対に必要な3つの条件があります。しかも、世界中の医者の誰一人も気が付いていない3つの免疫学の …

no image

リウマチやリウマチ性多発性筋痛症や他の自己免疫疾患でみられる痛みはなぜ出るのでしょうか?更新2022.4.8

リウマチやリウマチ性多発性筋痛症や他の自己免疫疾患でみられる痛みはなぜ出るのでしょうか? 自己免疫疾患の原因である化学物質複合体やヘルペスウイルスを大食細胞や好中球が貪食したときに発痛物質を放出して痛 …