コラム

漢方煎じ薬について 2018.9.20更新

投稿日:

 人類発祥以来、気づかずに使われてきた免疫をあげる唯一の薬はなんだと思いますか?漢方の煎じ薬だったのです。植物が光エネルギーと水と二酸化炭素で3大栄養素を作ってきたのは、何も私たちに食料を与えるために施しをしてくれたわけではありません。彼らが作り上げた3大栄養素は、あくまで自分たちが永遠に繁栄するためであって、人間のためではなかったのです。植物がウイルスや細菌やカビや害虫から自分の身を守るために作ってきた本当の薬は、中国人の祖先が何万年も前から盗み取ってきたのです。米や麦が人間の最高の主食になることを示す栄養学も知らずに経験的に人類が利用してきたのと同じように、漢方薬の煎じ薬を中国人は薬の原理も知らずして、自分たちの身を守るために利用してきたのです。

 にもかかわらず、日本の漢方学会は漢方薬が免疫を上げる唯一の真実の病気を治す薬であることも知らずに、免疫を抑える薬しか作れない製薬メーカーの薬と併用するという愚かな行為を繰り返しています。私がいま診察し続けている、某大学病院で診断された多発性骨髄腫の患者さんも、今なおλ鎖やκ鎖の値は高く、IgG抗体も3000(正常値は1700まで)を超え続けていますが、ピンピン生き続けています。これも中国人が発見し開発した、本当に免疫を上げ続けることができる漢方煎じ薬を飲み続けているからだと思います。

 言っておきますがツムラのエキス剤ではないですよ、アッハッハ!免疫を上げれば上げるほど、病気は早く治り苦しみが減ります。ツムラの加工された漢方は、中国3000年の歴史で作られた煎じ薬と比べて、まるで薄い漢方の成分しか入っていないので、本物の漢方ではないと言っても過言ではないのです。ツムラの漢方も全て煎じ薬のまま出すべきですよね。残念です。

-コラム

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

新新型コロナウイルス(COVID−19)は誰が作ったのか?2020.5.7更新

〜なぜ新新型コロナウイルスのワクチンは出来ないのか?〜    2003年に上気道炎を起こすのが関の山であるコロナウイルスが突然変異を起こして、SARSのパンデミックが中国で起きました。SARSは“se …

no image

アラキドン酸、シス二重結合、エステル結合、グリセロールなどについて2020.7.19更新

最初に何がアラキドン酸を作らせるのか? アラキドン酸(Arachidonic acid)は、不飽和脂肪酸のひとつであり、4つのcis二重結合を含む20個の炭素鎖からなるカルボン酸で、ω-6脂肪酸に分類 …

no image

オプジーボについて_その2 2018.12.21更新

私のこの論文のテーマの一つである「オプジーボはなぜ取り返しがつかない副作用を起こすのか」を理解するために、絶対に必要な3つの条件があります。しかも、世界中の医者の誰一人も気が付いていない3つの免疫学の …

no image

レチノイン酸と腸管の免疫寛容について 2018.11.8更新

レチノイン酸はビタミンAの代謝産物であり、このレチノイン酸が腸管の樹状細胞から作り出され、Bリンパ球からIgAの産生を促進します。さらにレチノイン酸が腸管にいる形質B細胞にIgAを分泌させたあと、他の …

no image

胸腺は自己と非自己を区別できるTリンパ球を教育する場所ではなくて、単純にTリンパ球の分化成熟の場所に過ぎない。

感染症が抗生物質とワクチンで征服されて、今ときめいている病気は膠原病と癌であります。膠原病は別名、自己免疫疾患と呼ばれていますが、以上に自己免疫疾患は存在しないと論証したのですが、現在の常識では膠原病 …