SAPHO症候群 コラム

SAPHO症候群の原因もヘルペスである

投稿日:

 最近、東京から来た患者さんで、SAPHO症候群という病名を東京医科歯科大学で付けられてきた方がいます。もちろん治療法はステロイドしかないと言われ、わざわざ東京から松本漢方クリニックに受診された方です。権威と権力を独占している世界中の医学者たちが言うSAPHO症候群とは、原因不明の骨・関節症状と皮膚症状を呈する症候群であります。

 ここで症候群の意味について 述べておきましょう。症候群は英語で“syndrome”と書き、シンドロームと発音します。症状と症候は同じ意味です。従って SAPHO症候群は、SAPHO 症状群といってもよいのです。症候群とは、症状が同時に体のあちこちに起きる一群の症状のことでありま
す。原因不明ながら共通の病態(自他覚症状・検査所見・画像所見など)を示す患者が多い場合に、そのような症状の集まりに名をつけて、扱いやすくしたものであります。シンドロームの原義は「同時進行」であり、同時発生様の社会現象などを指す用語としても使われます。正しいシンドロームの定義は、ある根本原因から生じた身体的・精神的症状の総称であります。

 それでは SAPHO 症候群の根本原因はなんでしょうか?全身の神経細胞
や様々な細胞に感染した殺しきれないヘルペスが原因であり、様々な細胞に入り込んだヘルペスと免疫との戦いにより症状(症候)が出ているだけなのであります。

 ちなみに「SAPHO」とは滑膜炎(synovitis)、痤瘡(acne)、膿疱症
(pustulosis)、骨化症(hyper-ostosis)、骨炎(osteitis)の5つの症状の頭文字をとったものなのです。未だ原因・機序は明らかではなく、細菌感染や金属アレルギーが原因と推定されていますが、実を言えば原因はステロイドホルモンで免疫を抑えている間に全身に広がったヘルペスなのです。ワッハッハ!現代の病気の原因は8種類のヘルペスと7500 万種類の化学物質しかないのはご存知ですね。もはや風邪などは病気ではありませんね!ワッハッハ!

-SAPHO症候群, コラム
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

アラキドン酸、シス二重結合、エステル結合、グリセロールなどについて2020.7.19更新

最初に何がアラキドン酸を作らせるのか? アラキドン酸(Arachidonic acid)は、不飽和脂肪酸のひとつであり、4つのcis二重結合を含む20個の炭素鎖からなるカルボン酸で、ω-6脂肪酸に分類 …

no image

なぜ俳優の高橋克典さんの左肩に激痛が起こったのでしょうか?

 先日、俳優の高橋克典さんが、左肩に激痛、吐き気とめまいなど全身の不調を訴え病院に行き、休養をとるというニュースがありました。ハンサムでモテモテ男の代表である高橋克典さんの左肩に激痛が起こった理由は何 …

no image

間質性肺炎と肺胞の再生について

 さてここでビッグニュースをお伝えしましょう。私は長い間、肺胞の細胞はひとたび壊死やアポトーシスしてしまえば、二度と再生できないと考えていました。なぜならば、肺胞の上皮細胞には幹細胞がないと考えていた …

no image

現代の治せない病気とされているアレルギーや膠原病についての教科書は全て間違っている

アレルギーや膠原病は全て治る 現在のように犬も歩けば棒に当たるではなくて、医院に当たるという意思過剰な時代おいては、体に少しでも異常があれば必ず医療に頼ります。しかも国民皆保険であるうえに、高額医療は …

no image

緑内障について

1.緑内障とは2.緑内障の原因とされてきた眼圧とは3.眼圧の調整機構について4.眼圧上昇によって起こる視神経乳頭陥凹拡大について5.緑内障の治療薬について6.緑内障の原因とは7.緑内障の正しい治療法と …