SAPHO症候群 コラム

SAPHO症候群の原因もヘルペスである

投稿日:

 最近、東京から来た患者さんで、SAPHO症候群という病名を東京医科歯科大学で付けられてきた方がいます。もちろん治療法はステロイドしかないと言われ、わざわざ東京から松本漢方クリニックに受診された方です。権威と権力を独占している世界中の医学者たちが言うSAPHO症候群とは、原因不明の骨・関節症状と皮膚症状を呈する症候群であります。

 ここで症候群の意味について 述べておきましょう。症候群は英語で“syndrome”と書き、シンドロームと発音します。症状と症候は同じ意味です。従って SAPHO症候群は、SAPHO 症状群といってもよいのです。症候群とは、症状が同時に体のあちこちに起きる一群の症状のことでありま
す。原因不明ながら共通の病態(自他覚症状・検査所見・画像所見など)を示す患者が多い場合に、そのような症状の集まりに名をつけて、扱いやすくしたものであります。シンドロームの原義は「同時進行」であり、同時発生様の社会現象などを指す用語としても使われます。正しいシンドロームの定義は、ある根本原因から生じた身体的・精神的症状の総称であります。

 それでは SAPHO 症候群の根本原因はなんでしょうか?全身の神経細胞
や様々な細胞に感染した殺しきれないヘルペスが原因であり、様々な細胞に入り込んだヘルペスと免疫との戦いにより症状(症候)が出ているだけなのであります。

 ちなみに「SAPHO」とは滑膜炎(synovitis)、痤瘡(acne)、膿疱症
(pustulosis)、骨化症(hyper-ostosis)、骨炎(osteitis)の5つの症状の頭文字をとったものなのです。未だ原因・機序は明らかではなく、細菌感染や金属アレルギーが原因と推定されていますが、実を言えば原因はステロイドホルモンで免疫を抑えている間に全身に広がったヘルペスなのです。ワッハッハ!現代の病気の原因は8種類のヘルペスと7500 万種類の化学物質しかないのはご存知ですね。もはや風邪などは病気ではありませんね!ワッハッハ!

-SAPHO症候群, コラム
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

漢方煎じ薬について 2018.9.20更新

 人類発祥以来、気づかずに使われてきた免疫をあげる唯一の薬はなんだと思いますか?漢方の煎じ薬だったのです。植物が光エネルギーと水と二酸化炭素で3大栄養素を作ってきたのは、何も私たちに食料を与えるために …

no image

甲状腺機能低下症(橋本病)について

 自己免疫疾患だと認められた最初の病気は、1950年代なかばであり、病名は橋本甲状腺炎であります。別名、橋本病・慢性甲状腺炎・慢性リンパ球性甲状腺炎・自己免疫性甲状腺炎ともいわれています。最初に発見し …

no image

急性中耳炎や慢性中耳炎の痛みはヘルペスである

 風邪をひいたあとに耳の周辺が痛くなって耳鼻科に行くと、耳鼻科の医者は「中耳炎、中耳炎」と言いまくりますが、彼らはどのようにして中耳炎が起こるかについてや、この炎症の原因についても絶対に一言も説明しま …

no image

クラススイッチをさせるIL-4はどの細胞が一番最初に作るのか?

 どのようにしてIgGを作るのに必要なIL-2やIFN-γやTNF-αなどのサイトカインを作られ、かつIgEを作るのに必要なIL-4が作られるかを説明しておきましょう。難しい話ですがついてきてください …

no image

インフルエンザワクチンが必要でない理由と副作用について

 インフルエンザウイルスは他のウイルスと大きな違いがあります。それは他のウイルスの遺伝子はDNAでありますが、インフルエンザウイルスはRNAが遺伝子となっていることです。RNAを遺伝子に持つ医学的に重 …