コラム

必要な薬は抗生物質と抗ヘルペス剤とワクチンだけである

投稿日:

(インフルエンザワクチン・肺炎球菌ワクチンは不要)

世界的に寿命が延びている理由は結局のところ世界的に感染症を封じ込めることができたからです。いろいろ寿命が延びた理由が挙げられます。栄養状態がよくなったとか衛生状態がよくなったとか上水道が完備したとか各国の国民の健康意識が高まったとか色々と言われますが帰するところは結局は全て免疫を上げることができるからです。この免疫の正常化は感染症に対して大きな貢献を果たすからです。

 この感染症の撲滅にさらに大きなヘルプをしているのは感染症になる前の予防薬であるワクチンの投与であります。ワクチンの投与はまさに免疫をすぐにあげるという仕事をしています。ウイスルや細菌に会えばたちどころにIgGを作ることができるのです。抗生物質は免疫の大きな仕事である殺菌作用を代わりにしてくれるものですから、まさに免疫を上げるどころか免疫の仕事そのものの代わりをしてくれているわけです。それ以外の薬はあまり意味がありません。例えば成人病である糖尿病、高脂血症、肥満症、高血圧症、動脈硬化症による脳卒中や心筋梗塞は全て人間が勝手気ままに飲み食いした結果に過ぎないわけですから、本当の病気とは言えません。飲食欲という欲望に対して節度を持てば根本的に治ります。従って食べるな飲むなということを実践させるほうが高脂血症や糖尿病の薬を飲むよりもはるかに大切なのです。これらの病気は脂肪や血糖を落とす以上に飲み食いし続ければ絶対に治るわけではないのですから意味がありません。

 血圧に関しても自分の器量以上に努力したり求められ過ぎたりしてストレスを感じないためには心の諦めが必要です。この問題は生き方にも関るものですからそう簡単には血圧は下がるものではないでしょうから、あえて言えば、降圧剤も必要悪として飲む価値があるかもしれません。

 さらに精神病の薬について言えば、一番多い抗うつ剤というのはいわば精神に対するステロイド剤のようなものです。脳の働きを抑えて何も感じない何も考えないようにする薬ですから、ちょうど闇雲に免疫を抑制するステロイド剤と変わりありません。なぜかというといずれも病気の根本原因を除去するものではないからです。近頃メタボリックシンドロームというような新しい病気を医学会は作り出そうとしています。これも根本治療は簡単です。食べ過ぎないようにすると同時に適度の運動をやれば簡単に治せる病気です。この病気も何もメタボリックシンドロームというようなかっこいい病名をつけなくとも過剰飲食過小運動病という名をつければ本質を示しているので治すことも簡単でしょうに。自分で治せる病気である上に長生きもさらにできるでしょうに。

-コラム
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

経口免疫寛容について

 免疫学の世界では、ずっと前から鶏の卵白に含まれるタンパクのひとつであるアルブミンを静脈に注射し続ければ、ショックを起こすことが分かっていました。ところが、同じ鶏を食事として口から入れ続けても、元気に …

no image

リンパ球はどのようにして炎症巣まで運ばれるのか 2018.11.22更新

11/8更新分では、自然免疫の血球の代表である好中球がどのようにして血管から炎症巣まで運ばれるかということを詳しくしました。今回は高等免疫の血球の代表であるリンパ球(Bリンパ球とTリンパ球)がどのよう …

no image

膠原病こそ過敏反応だ

学者先生方は免疫の働きではあるけれども、人間にとって無害な異物を排除するために起こる都合の悪い免疫の働きをアレルギーと定義しています。ところで無害であるかは誰が判断するのでしょうか。免疫にとっては、異 …

no image

なぜヘルペスが免疫から逃れることができるのか 2018.12.28更新

「なぜヘルペスが免疫から逃れることができるのか」について5年前に書いた論文がありますが、それから現在までに、全世界の免疫学者が明らかにした研究成果をもとに、どのようにしてヘルペスが宿主である人間の免疫 …

no image

ジェロン社(米)の「ES細胞の臨床試験から撤退する」という記事に対するコメント

ES細胞、事業化難しく 米ベンチャー1年で治験撤退(日本経済新聞)  世界に先駆けて胚性幹細胞(ES細胞)を使った臨床試験(治験)に取り組んできた米バイオベンチャーのジェロンが、再生医療から撤退するこ …